当院は完全予約制です
藤沢ピラティススタジオの営業時間
 土/日/祝
10:00~22:00-----
19:00~22:00-----
ご予約から施術の流れはこちら>>
受付・予約・営業時間

腰痛に悩まれる方に朗報!ピラティス×整体が効果的な理由

ブログ

腰痛の時、ピラティスをやってもいいの?余計に痛みがひどくならないか心配

筋トレやストレッチより、ピラティスの方が腰痛の予防に効果的なの?

とお悩みではありませんか?

結論から言うと、慢性的な腰痛の解消にピラティスは大変効果的です。

今の痛みが楽になるのはもちろん、二度と腰痛を再発しない体づくりをすることが出来ます。

痛みが激しい場合や、運動が苦手な方には整体施術と掛け合わせて行うのがオススメです。

この記事では、整体院の院長でありピラティスのインストラクターの資格を持っている筆者が、腰痛解消としてのピラティス×整体の素晴らしさについて書いていきます。

目次

腰痛の原因 筋肉の緊張×姿勢×ストレス

ピラティスが腰痛の解消に有益なワケ

整体×ピラティスの掛け合わせは効果バツグン!

まとめ

腰痛の原因 筋肉の緊張×姿勢×ストレス

一般的に腰痛で悩まれる方が、病院で検査しても原因がはっきりと見つからないことがおおいです。

それはMRIなどの画像検査や、血液検査などで見つかるような病理があるわけではないからです。

腰痛の原因のほとんどは、日常生活の負担からくる

①筋肉の緊張

②姿勢の歪み

③精神的ストレス

などの要素が複合して起こっています。病院で処方された薬を飲んだり湿布をはったりしてもこれらが改善するはずもありません。

ピラティスは、腰痛の原因となる①②③のいずれにも良い影響を与え解消に向かう力を持っています。

ピラティスが腰痛の解消に有益なワケ

①筋肉のクセを抜いき正しい身体の使い方を教えてくれる

ピラティスには「身体の使い方の再教育」というコンセプトがあります。

いままでに学校などで身体の正しい使い方を学んだことがあるでしょうか?

学校では朝から晩まで椅子に座って勉強し、体育の時間も競技スポーツがメイン。どのような体の使い方をしたら腰痛になりにくいか、本質的なことを教わったという人はほとんどいないはずです。

その結果、人間の生来の仕組みにのっとり「腰痛になりにくい身体の使い方」を誰も知りません。

せいぜい姿勢を正しなさい、背筋を伸ばしなさいなどの漠然とした指示を与えられるだけです。

ピラティスを学ぶことで、腰痛になりにくい身体の使い方を学ぶことが出来ます。

・ニュートラルスパイン…背骨の生理的弯曲、S字カーブが保たれている状態

・Cカーブ…骨盤を傾け、コアを安定させる

・アーティキュレーション…背骨をひとつづつ動かす

・エロンゲーション…背骨の両端をけん引し、長く保つ

などピラティス独自の概念をもちいて、身体の使い方を再教育してくれます。

エクササイズを繰り返し継続して行うことで腰痛になりにくい日常動作が自然と身についていきます。

②インナーコアが鍛えられ姿勢が良くなる

ピラティスはただ手足の筋肉を鍛えるエクササイズではありません。

インナーコアと呼ばれる、体の中核の筋肉を鍛えていきます。インナーコアとは

・横隔膜

・腹横筋

・多裂筋

・骨盤底筋群

という4つの筋肉で囲まれたお腹の奥のスペースをいいます。

骨盤の歪み・反り腰・猫背・巻き肩・ストレートネックなどなど

腰痛の原因となる不良姿勢の多くは、インナーコアの筋肉がうまく使えていないことから起こります。

姿勢が悪いという自覚がある方は意識して姿勢を正そうとされます。しかし長続きはしません。それは姿勢というのが本来、無意識下の筋肉の働きでコンロトールされているものだからです。

ピラティスを続けていくとインナーコアが鍛えられ、意識しなくても日常普段を理想的な姿勢で過ごせるようになっていきます。

自律神経のバランスを整え、ストレスを緩和

多くのエクササイズは身体に負荷をかけ、交感神経を優位にしテンションを高めた状態で体を動かしていきます。

身体は興奮状態にあり、終わった後は疲労感と心地よさが入り混じったような状態になります。

ピラティスは見た目には分からないかもしれませんが、全く違うものです。

やればやるほど副交感神経の働きが良くなっていくエクササイズです。この点はヨガとも共通していると言えるでしょう。体を疲労させるエクササイズではなく、心身を養うエクササイズです。

没頭している間は、日常のストレスから解放されるので、良いストレスマネジメントの方法となります。

整体×ピラティスの掛け合わせは効果バツグン!

腰痛の原因が一つの特定できず、かけ合わさっている物である以上、その対処法も掛け合わせて行うことが効果的です。

いくらピラティスがリハビリテーションのために作られたとはいえ、歩くのもままならないほど腰痛がひどい時は、体を動かす気になれないものです。

また、本来はゆっくりと休養に充ててよい日にストイックなエクササイズをすることは誰にでもできることではありません。

そんなときは整体とピラティスをかけ合わせて行うのがおすすめです。

整体は目の前の腰痛から解放されるには適しています。しかし再発予防の力はピラティスの方が勝ります。どちらが効果的かと比較するのではなく、双方の良いとこ取りをして最大限にメリットを享受するのが賢いやり方です。

また体力に自信がない方とって一時間連続してエクササイズを行うのは厳しいものがあります。

その日の状態に合わせて、両方をバランスよく行うことで、徐々に体が理想の状態へと近づいていきます。

ピラティスをして腰痛から解放されたい方は是非、藤沢ピラティススタジオにご相談ください。

まとめ

●ピラティスは腰痛の予防に効果がある

●身体の使い方や姿勢を改善し、ストレスを和らげる

●痛みがつよく運動が苦手な方は整体と掛け合わせて行うと効果的

この記事を書いたスタッフ

インストラクター 河原敏彦

藤沢ピラティススタジオのインストラクターです。
毎日お客さまの身体のお悩みを解消することを第一に仕事に取り組んでいます。

【藤沢市のピラティス】ボディメンテナンスのプロによるレッスン 藤沢ピラティススタジオ〒251-0052 藤沢市藤沢971-1 リベール藤沢第2ビル3F
東海道線・小田急線・江ノ島電鉄線 藤沢駅南口より徒歩3分
TEL0466-53-8667
受付時間10:00~20:00(平日) 10:00~16:00(土日祝)
定休日毎週火曜日
お問合せcontact@fujisawaseitai.com
Facebookhttps://www.facebook.com/fujisawaseitai

【予約優先制・お早めにご予約ください】ボディエクササイズ・メンテナンスなどお気軽にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました